[TOP] [前項] [次項]
製作当初仕様 現在の仕様

My Camping Car


(現在の仕様)
現在の内部
サイドオーニング下
オーダーテント

リアゲート
跳ね出しベッド


 
概 要 
  I’s(アイズ) 製『MULTI』(改)
 (ハイエース スーパーロング特装 3.0gターボ 4WD) 
 1997年式  潟Aイズ製























現在の内部 (フロアプラン)

現在のフロアプランは製作当初とうって変わって、ギャレー(調理スペース)をフロントシートの後ろ(セカンドシートの前)に移しました。
これによって、車両後部両サイドに収納庫があった当初に比べてセカンドシート後方を広く使えるようになりました。
セカンドシートは、それぞれ前後スライド&回転します。

また、セカンドシート2座の架台およびサードシートも前後スライドにスライドしますから、足元スペースの確保などが自由にできます。
右:セカンドシート

左下部:ギャレー兼収納庫

左上部:電子レンジ
写真中央上部が電子レンジ
ギャレー兼収納庫

右下部には、清水&排水タンクを収納
中央&左下部は収納庫

右上部には、ミニ流し&カセットコンロ収納
(下写真参照)
中央上部には、1.6kwインバーターを収納
操作は運転席側から行います。
左上部は収納庫。カウンターが上に開きます。(上蓋式)
左画像の上にマウスを置くと、
カウンターの蓋が開きます。

カセットコンロの右側に、白色のシャワーヘッドが見えます。
流し(ミニ)はコンロの下にあります。


セカンドシートを後ろ向きに回転させ、サードシートとのダイニングレイアウト。

セカンド&サードシートは共に前後スライドするので、写真の倍以上に足元を広くすることもできる。
(テーブルに届かなくなっちゃう・・・)
ダイニングレイアウト

車両後部を望む。


車両内を使った2段ベッドは多少無理があるかな?
欲を言ったらキリがないが・・・
車両サイズをハイエースサイズまでと決めたんだから、この中で解決しなければならない。
リアゲート跳ね出しベッド
サードシートを倒して、3本のパイプを渡す。
その上に3分割のベッドボード(L=1.2メートル)を載せると、
幅1.4メートル
奥行き1.85メートル
の上段ベッドの出来上がり。
セカンドシートを活かしたままでサードシート以後をベッドにすると、上段は問題ないが、下段はセカンドシートの間から芋虫のように潜り込まなければならず、頭上に上段が迫っていて快適とは言い難い。

写真は、下段ベッドスペースの様子が分かりやすいよう片方のセカンドシートを前方に倒してあります。
そこで、セカンドシートを回転して後ろ向きにすると、セカンドシート座面からサードシート背もたれの端まで1.95メートルのスペースが生まれます。

セカンドシート座面に枕を置いて寝ると、上半身の上には上段ベッドがないので開放的に寝ることができる。

下段ベッドの形状(平面)は、以外にもこのままで寝られないことはない。
ただ、何らかの方法で平らな形状にしたほうが一層寝やすくなる。
上段ベッドは高さもあって寝るには申し分ない。
でも、私の座高ほどあったなら・・・もっと良いのだが・・・

2002.09.03

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO